Works & Entries Our Events API Dictionary Mashup Awards Login

Work Detail

Bump Hunter by Millet Way

Bump Hunter by Millet Way はユーザの移動ログから道路状況を解析し、修繕が必要な道路の位置を検出、ユーザ間で共有するためのアプリケーションです。

概要
Bump Hunter by Millet Way はサーバサイド、クライアントサイドからなるアプリケーションとなっており、クライアント側ではMQTT通信を用いてスマートフォンから加速度、位置情報を取得、サーバ側ではユーザからのセンサ情報を解析し、道路状態の可視化を行います。可視化を行う度にIBM Watsonを用いて言語翻訳を行い多言語に対応しています。

対象としては、基本的に乗り物(vehicle)であれば何でも使用可能と考えており、例えば車であれば道路の窪み、ベビーカーなどであれば歩道の状態などを検出できるようになっております。

英語版ですが、WatsonのText to Speech APIを利用した説明動画もあります
https://www.youtube.com/watch?v=xQdnZJunsP0