Works & Entries Our Events API Dictionary Mashup Awards Login

Work Detail

BarSota

【作品コンセプト】
癒しの提供とコミュニティの活性化を実現する
ダンディなバーテンダーロボットです。

【主な機能】
機能①充実した対話機能
・歴史や最新ニュース、音楽まで、様々な対話が可能です。
・落ち込むあなたへは、あなたの青春時代の音楽をお薦めします。
・年齢、性別、個人、来店頻度に合わせて対話を生成するのでバリエーションは無限大。 
・性別や年齢に合わせた敬称の変化や、飲み物を注ぐ音、細やかな演出にもご注目。

機能②マッチング機能
・Barといえば、出会いと別れの生まれる場所。
 Sotaとの対話をベースに相性を分析することで、
 婚活や求人など、顧客同士のマッチングを実現します。
 マッチング時、相手にもLINEに通知を行います。

機能③LINE連携機能
・Sotaが見ているライブ映像はLINEからLIVEで見ることができます。
・LINEから営業情報なども確認可能です。

機能④店舗サポート機能
・顧客の来店時には責任者(オーナー)のLINEに毎度通知
・顧客のデータはKintoneで一元管理。
・お客様がお怒りとMicrosoft Cognitive Serviceで認識すると
Twilioで責任者にエスカレーションします。
・対話ログや来店層、名刺データなど一元管理を行うことで、
 Barの運営に役立てることも可能です。

【応用】
応用

【デモ動画】
予選参加時のものです。現在は大幅にパワーアップしています。
http://mashupaward.jp/2016/09/hackathon-oogaki/

【システム構成】
①知識・対話生成
 ・Sota :音声合成(ダンディボイス)
 ・Docomo雑談APIYahooNEWSオリコン(あのころ検索)
認識結果(年齢や性別など)と連携することで、顧客ごとに異なる雑談や音楽のレコメンドを生成
 ・相性判定(オリジナル) :Kintone顧客データ(来店日時、キーワードなど)をもとに相性を判定。
 ・DataSpider :用意したダンディ辞書により対話語尾などをダンディ化。
          各種APIを連携し、シナリオを生成。
②画像・言語認識
 ・Sota :音声認識、画像認識(個人、性別、年齢判定)
 ・Microsoft Emotion API:画像認識(驚きや悲しみ、喜びを判定)
 ・Microsoft LUIS :顧客の対話の意図判定(音楽を聴きたい、人を探しているetc)
 ・Docomo形態素解析:対話の中から嗜好やデータを解析し、Kintoneに蓄積。
③顧客データ管理 
 ・Kintone:対話ログや顧客データ(来店日時、LINE IDetc)を蓄積。
        オーナーのデータ管理用のBI画面作成に活用。
 ・SANSAN OpenAPI : 顧客の名刺データをKintoneに連携
④オンラインコミュニケーションチャネル連携
 ・LINEMessageAPI:LINEでのSotaとの対話を実現
 ・Twiilio :音声メッセージを発信
⑤API連携
 ・Dataspider:各種API連携、切り分けなど