Works & Entries Our Events API Dictionary Mashup Awards Login

Work Detail

グループ精算bot ーCheckunー

■Checkunとは?

Checkun(チェックン)はグループ旅行やイベントの面倒な精算作業を助けてくれるLINEbotです。

会計係をすると、いろんな人の立替支払を計算して、誰が誰にいくら払えばいいかを。。。なんて面倒なことが多いのではないでしょうか? そんな大変な会計係をLineのBotで解決したい。そんな課題意識から生まれたサービスです。
グループ旅行、飲み会の計画、連絡はだいたいLINEグループでおこなっていると着目し、グループチャット内で支払登録、支払内容の操作、精算処理を実現しました。

■Checkunの特徴

1.人間の会計係は不要

  • 立替支払をおこなったユーザーが立替金額を申告して、Checkunが精算をおこなうので、会計係はいりません。

2.複数人が立替支払をするようなシチュエーションで最も威力を発揮

  • 立替金を考慮して、最終的に誰が誰にいくら払えばよいか精算結果を通知してくれます。

3.柔軟な精算が可能

  • 各支払1件単位で支払対象を設定したり、端数の丸め設定、傾斜の設定などの柔軟な精算が可能です。

4.精算金の回収管理もおこなえます

  • 精算後、清算が完了したかを両者で確認しあうことができ、未済の場合はbotから通知がいきます。

5.レシート写真も一緒に保存できます

  • ただ金額を入力するだけでなく、立替支払レシートの写真を保存できるので、証憑の紛失リスクもありません。

■コンセプト

「会計係のいない世界」を目指して

これまでの会計係は、空気を読みながら、面倒な精算処理を手計算、エクセル、あるいは精算アプリなどのツールを使って計算していました。
これらのツールは、いずれも会計係の「負担を減らす」ことは出来たかもしれませんが、「負担をなくす」ことは出来ませんでした。

グループ精算bot Checkun(チェックン)は初めて会計係の代替となるサービスです。
いままで会計係にのみ負担が集中していた精算処理から、LINEグループ内のメンバー全員で精算をおこなうという全く新しい精算の形を実現し、会計係が抱えていた心理面での負担をなくしました。
精算処理の公平性を高め、割り勘という日本独特の精算文化や価値観を変えるサービスであると考えています。

■今後の機能拡張

1.「精算」⇒「清算」
 ・一連の精算・清算処理をこのbotで実現していきます。
 ⇒LINE PayやOpen Bank APIなどを利用して決済機能の連携を予定しています。

2.「bot」⇒「グループの一員」
 ・あたかも現実の会計係として、大切な旅行などの思い出に溶け込むことを目指します。
 ⇒Clovaなどのスマートスピーカーと連携し、旅行中の会話の中で精算を行えるようにします。

■Business Egg部門賞に応募しています

リーンキャンバスはこちらをご覧ください
https://drive.google.com/open?id=1jeobs3bKnuK--3D8dOa6AbWIpHfsoXyK

■CIVICTECH部門賞に応募しています

・Checkunは会計係に負担が集中してしまうという精算時の課題を解決します。
・LINEを使う人であれば誰でも使うことができます。
・精算処理はBotがおこなうので、公平な精算文化を築くことができ、会計係に負担がかからない、より良い精算社会を実現していきます。