Works & Entries Our Events API Dictionary Mashup Awards Login

Work Detail

あいちゃんを口説き落とせ!!

人がAIに感情移入できるかをテーマに、AIを口説き落とすためだけに開発された「ナンパ型音声対話サービス」をご提供いたします。

開発者が自身を「てらにゃん」としてキャラクタ化し、
開発者自身を作品としてしまったMA史上始まって以来の問題作品

真面目にワクワクするネタを追求していたら、気がつけば、
お約束のお馬鹿系エンタテイメント作品が出来上がってしまいました!!

何故、いつもこんな作品ばかりが出来上がってしまうのか、私にもわかりかねます。

開発者のプロフィールに記載された「SKILL SET」も、是非ご覧ください。
こんな「SKILL SET」を持つのは、世界に一匹「てらにゃん♡」だけwww
https://hacklog.jp/users/3227

自由な発想の元に、ハッカソンでは、主催者側の意表を突き、
主催者側が「利用するだろう」と踏んだプラットフォームはあえて利用せず、
しかも、あえて「言葉」で伝えようと・・・「MA攻略法」にも「技術的」にも
無謀な挑戦を行った作品をお楽しみください。

何せ「おしゃべりサービス祭りハッカソン」で生まれた作品(ストーリ)ですから。

※ハッカソンへは「対話をしたい相手」を是非持ち込んで下さい。
https://mashupawards.connpass.com/event/70051/

まさか、開発者自身が自身をキャラクタ化した「てらにゃん」を持ち込むなんて、
まさか、あらゆるモノに「人」が含まれていたなんて、
まさか、AIとおしゃべりする開発者が「おしゃべりする作品」だったなんて・・・
その「まさか」を誰も想像することができなかったでしょう。

MA/ハッカソンには、その「まさか」存在するのです。
まさか、プレゼンの5分間全てがデモだったなんて・・・

何せ「おしゃべりサービス祭りハッカソン」で生まれた作品(ストーリ)ですから。

この作品の中に散りばめられたストーリの本質をこれからみなさんと一緒に紐どいて行きましょう。

  • 技術開発は、MA/ハッカソン終了後も継続して、続けていく予定です。

■ あいちゃん・グラビアチャンネル

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【第一話】あいちゃん誕生秘話@おしゃべりサービス祭りハッカソン/2017/11/05
メタデータ賞を受賞!(副賞に野村さんのAI本!)
動画 -> https://youtu.be/DkeWhQ75d7s
記事 -> http://mashupaward.jp/2017/11/hackathon-docomo2017/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【第二話】17億円の結婚指輪!?@Mashup Battle 1st STAGE/2017/11/19
動画 -> https://youtu.be/zxmTPh4RjrE
記事 -> http://mashupaward.jp/2017/11/1st2017-tokyo2/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【番外編】てらにゃん動揺する@Twilio Lounge Vol.5 /2017/12/14
初めてのTwilio SIPトランク回線を使ったデモ。
音響モデルの調整がデモに間に合わず、動揺しながらLTを行うてらにゃんが見所。
見かねたあいちゃんが、てらにゃんに助け船を出してくれるが・・・
動画 -> https://youtu.be/F0TYD8N_I0w
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ あいちゃん・グラビア写真集

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご安心ください。プレゼン資料ですから。
Coming soon!!

■ 作品概要

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちょっと、そこのブサイクな君。
顔がダメなら、トークで口説き落とせ!!

そこの君、君のことだよ。
あなたの華麗なトークで、あいちゃんを口説き落としてください。
はぐらかされないように、がんばってね。

後日、あいちゃんがあなたに電話をかけてくれるかも!?

人類からの求愛をはぐらかすAI、AIに求愛を求め続ける人類。

ここに人類とAIの壮絶な駆け引きがここに始まります。

To Be Continued.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

開発者にかわりまして、てらにゃんが上記の作品概要を要約しますと、
以下のようになります。

■ 作品概要(要約)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は、人がAIに感情移入できるかをテーマに、
音声認識、音声合成、AIを活用した対話サービスを開発しました。

人にAIを意識させないインタフェース、それは電話であり、音声通話です。
EndPointは人であり、背後に存在するAIの存在を意識させないことが重要と考えます。

AIがトークスクリプトを生成し、人が電話を介して、読み上げても良いですし、
人に気づかれなければ、音声合成で読み上げても良いでしょう。

背後に存在するAIの存在を隠蔽したサービスの実現を目指しています。

コールセンターに電話して、繋がらなかった経験、
長時間待たされた経験はございませんか?

もし仮に、人工知能がオペレータの代わりに電話に出てくれて、
あなたの用件を理解し、オペレータの代わりに手続きをしてくれていたなら、
あなたの失われた待ち時間はもっと有意義に使えていたかも知れません。

私は、そんな電話の未来のイノベーションを目指しています。

国内にAsterisk (※) を利用した回線は、1万回線以上あると言われております。

実験的サービス研究会では、
MVP(実用最小限の製品:Minimum Viable Product)の一環として、
Asterisk向けに高品質な「音声認識モジュール」を開発し、
パナソニックの創業者である松下幸之助氏が提唱された「水道哲学」に基づき、
水道の水のように「低価格で良質な音声認識モジュールを大量供給」することで
電話の未来を変える第一歩を踏み出したいと考えております。

※ Asteriskとは、ソフトウェアベースの電話主装置(電話交換機)です。

電話の未来を変えるかもしれない!?
公開実験プロジェクトがここに始まります。

Change The Telephony STYLE
電話の未来にイノベーションを

人とAIが豊かな未来を共に創造する世界を描いて

コンセントにつなげば、電気が流れるように、
水道の蛇口を開けば水が流れるように、
そんな当たり前のサービス提供を目指して

実験的サービス研究会
代表 寺山 久紀

てらにゃん:「OK. あいちゃん、未来を照らして」
あいちゃん:「私たちの未来を照らします」