Works & Entries Our Events API Dictionary Mashup Awards Login

Work Detail

S-navi Health ~駅×ビヘイビアヘルス!~

ふだんの電車通勤がフィットネスに!「活動量計×上下移動のルート案内」に着目した新しい価値提案アプリ。
※画像にリーンキャンパスあり

【なんで開発したのか】
「電車到着後のエスカレータはめっちゃ混雑!乗るのにわざわざ行列か、、、」
なんて都会ではよくある光景。ちょっと遠回りするだけでガラガラの階段があっても、その場所もよくわからないまま仕方なく並ぶ人も多いはず。

一方、「健康が気になるけど忙しくて時間ないから、手軽なところから何かしたい!」
ってニーズが、都会のオフィスワーカーには多いのではないでしょうか?

【このアプリで何ができるのか】
そこで!駅構内の
「エスカレータを使ったルート」
「階段を使ったルート」
それぞれの時間差と運動量を表示、活動記録がとれてポイントに還元できるアプリを提案。あえて最短ではない階段ルートの見える化と、そのルートを歩く動機づけを与えることでの混雑回避と健康増進を実現します。

例えば「階段を使ってもエスカレータと比べてたった+15秒。毎日2分間を続けると約0.5kgの体重増加を防げる!」って情報をタイミング見せてあげれば、人の行動も変わるはず。毎日の行動をちょっと変える手助けをします。

●駅ごとの案内と、知らないと損な健康アドバイスを、その駅周辺のご当地キャラがガイド
●階段ルートを歩くとS-naviポイントが貯まり、エスカレータの混雑度によって変動(混雑時に階段を使えば混雑緩和への貢献度が高いので)
●駅ごとに、そこで運動している記録を全ユーザで合算して表示し、「みんなもやっている一体感・チームワーク感」で継続させる

【ビジネス的な発展性はあるのか(=アライアンス募集)】
●各鉄道事業者のアプリとS-naviポイントで連携できる
●「健康志向」「使っている駅」という絞れらたユーザを対象に、企業が広告を打ちやすいプラットフォームにできる
●GPSが利かない建屋内の位置測位技術で、改札を超えた目的地までの総合ルート案内化
●「意外と空いてる抜け道・オススメルート」を投稿し合って、自分たちで作るルート案内アプリも見込む